コエンザイムQ10の飲み方を工夫する

コエンザイムQ10は細胞を元気にして健康によい効果があることで注目されています。

コエンザイムQ10はもともと体の中に存在する成分で、体内でエネルギーを生成する働きに大きく関わっています。
しかし20歳をピークに減少してしまうため、体外から補給しなければなりません。
コエンザイムQ10は含有量は少なく吸収されにくい成分です。

コエンザイムQ10が不足するとエネルギーの生成が弱まり疲れやすいといった倦怠感や、抗酸化作用が弱まることで免疫力の低下から風邪をひきやすくなります。
そのためサプリメントを使って効率よく補給することが大切になります。

コエンザイムQ10の1日に必要な摂取量は30~100mgと幅があり、健康維持や美肌効果、体調不良などの目的によって摂取量が違います。
最初は30~60mgから始めるとよいようです。
またサコエンザイムプリメントを摂ったからといってすぐに効果が出るわけではありません。
少なくても1週間以上は続けることが必要です。

コエンザイムQ10は脂溶性のため空腹時よりも油を使った食事の後に摂ると吸収されやすくなります。
サプリメント選びも大切で、吸収率を高めてくれるビタミンEや相乗効果のあるミネラル類が含まれたものを選ぶと高い効果が期待できます。