妊娠中にコエンザイムQ10を摂る

コエンザイムQ10は細胞を元気にして健康維持に効果があることで人気となっています。
妊娠中であれば出産に備えて元気で健康な体を作る成分は摂りいれたいと思われるのではないでしょうか。
体の細胞に存在する成分のため副作用は考えにくいと言われるコエンザイムQ10ですが、妊娠中や薬を服用している人は注意が必要です。

コエンザイムQ10の妊婦や胎児、乳児にたいする十分な安全性は確認されてないため、自己判断で服用せず医師に相談するのが安心です。
また妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れるなど女性の体は変化しています。
サプリメントにはコエンザイムQ10だけでなく他の成分も含まれているため、それによって副作用を引き起こす可能性もあります。
その点からも妊娠中は服用を控えるか、どうしても気になる場合は必ず医師に相談するとよいでしょう。

お母さんが摂取したものは赤ちゃんにも影響を与える可能性がある、という事を忘れずにバランスの良い食事を心がけることが大切です。
肉やレバー、青魚、野菜などにも微量ですがコエンザイムQ10は含まれています。
油と一緒に摂ることで吸収が良くなりますから、安易にサプリメントを服用するよりも体によい食事を摂るようにしたいですね。