コエンザイムQ10が齎す肌への副作用

コエンザイムQ10は肌にハリと潤いを与え、アンチエイジング効果もあることから女性に人気の成分です。
現在ではコエンザイムQ10を配合した化粧品やクリームも数多く販売されています。

コエンザイムQ10はもともと体内に存在している成分のため、副作用が少ないと言われています。
皮膚科の軟膏にもコエンザイムQ10が配合されていて、市販されている化粧水やクリームよりも高濃度となっています。
そのため皮膚科で処方されていることからも、肌に対しての副作用は低いと考えられます。

コエンザイムQ10は肌が肌の細胞を活性化することで、弾力のある肌を作ってくれるコラーゲンや肌の保湿成分となるヒアルロン酸の生成を促進して、ハリと潤いのある美肌へと導いてくれます。
また活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、シミやシワを予防する効果があります。

食事やサプリメントなどで体の中から効果を得ると同時に、化粧水やクリームなどを肌に直接塗ることでさらに効果を高めることができます。
コエンザイムQ10は皮膚科でも処方される成分で副作用は少ないですが、肌の状態によっては肌に合わなかったり、刺激を感じる可能性もあります。
効果が感じられなかったり、刺激などを感じる場合は使用を中止した方が良いでしょう。