コエンザイムQ10で貧血を予防

現代女性の多くは冷えや低血圧、貧血といった症状を抱えています。
特に女性は生理や出産などにより、男性よりも低血圧や貧血、冷え性になりやすい体といえます。

立ちくらみや疲労感、朝起きるのがつらいといった症状は、低血圧と貧血両方に共通する症状です。
自分は低血圧だからと思っていても、実際は貧血の可能性もあるため自己判断せずに病院へ行くと安心です。

貧血は酸素を体中に送る働きをするヘモグロビンが減少することで低酸素状態となります。
殆どの貧血は鉄欠乏性貧血で、ヘモグロビンの材料となる鉄が体内で不足することが原因です。

また活性酸素も貧血の原因となります。
活性酸素が紫外線やストレス、生活習慣などによって体内で増え過ぎると、赤血球などの血液細胞を減少させます。
ヘモグロビンは赤血球の主成分なので、活性酸素が増えると貧血の原因となるのです。
また活性酸素は細胞を酸化させるため、血液をドロドロにして血管をもろくしてしまいます。

元気な体を作る働きがあることで注目されているコエンザイムQ10には強い抗酸化作用があります。
活性酸素を除去して細胞が酸化するのを防いでくれます。
またコエンザイムQ10には細胞を活性化する働きがあるので、しなやかで丈夫な血管を作ってくれます。
コエンザイムQ10の抗酸化作用で活性酸素を減らし、ヘモグロビンの材料となる鉄分を摂ることで、貧血予防の効果が期待できます。
コエンザイムの口コミも参考にしましょう。