コエンザイムQ10の対応は敏感肌でもOK?

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層から出来ています。
表皮の一番外側にある角質層は、花粉やほこりなどの外的刺激から肌を守る働きをしています。
しかし加齢などによって肌の水分量が低下してしまうと、乾燥して肌のバリア機能が低下してしまいます。
そのため外的刺激に対して反応して、赤みや痒みなどの肌トラブルが発生してしまいます。
このような敏感肌の肌トラブルを解消するには、肌の保湿力を高めて肌のバリア機能を回復することが大切です。

高い保湿効果のあるコエンザイムQ10を配合したクリームや化粧品が注目されていますが、敏感肌の人でも安心して使えるのでしょうか。
細胞を活性化する働きのあるコエンザイムQ10は、もともと細胞の中に存在する成分です。
皮膚科の薬にも使われているため敏感肌の人でも安心して使うことができます。

コエンザイムQ10の働きで細胞が活性化され新陳代謝を活発にしてくれます。
代謝がよくなると肌のターンオーバーが整い、弱くなっていたバリア機能が回復して肌荒れや乾燥肌を改善してくれます。

最近ではコエンザイムQ10を配合した化粧品やクリームも数多く販売されています。
直接肌に塗ることでコエンザイムQ10の有効成分を肌細胞に届けることができます。
ただし他に含まれている成分に対して、アレルギー反応がでる可能性もあるため、含まれる成分を確認することも大切です。
コエンザイムサプリの人気ランキングもご覧になってみてはいかがでしょうか。