アンチエイジング効果が期待できるコエンザイムQ10

アンチエイジングは日本語にすると抗老化や抗加齢といった意味になります。
加齢や活性酸素などの影響によって体が老化するのを防いだり、予防することで若々しさを保つことです。

老化の原因は加齢によってホルモンの分泌が減少したり、活性酸素による細胞の酸化などがあります。
酸化の原因となる活性酸素はストレスやタバコ、飲酒、ストレス、乱れた生活習慣などによって発生します。
テレビCMやドラックストアなどでも見かけるコエンザイムQ10には、アンチエイジングにも効果があるため女性に注目されています。

コエンザイムQ10は食べた物をエネルギーに変える働きや、強い抗酸化作用を持っています。
エネルギーを沢山作り出すことが出来ると新陳代謝が活発になります。
新陳代謝が活発になると血液の流れがよくなるため、体の隅々まで酸素や栄養が行き届き細胞が活性化されます。
また代謝がよくなると老廃物が排出されやすくなるためむくみや肩こり、冷え性が改善されます。

コエンザイムQ10には強い抗酸化作用もあり、ストレスや紫外線によって生成される活性酸素を抑制する働きがあります。
活性酸素は細胞を酸化させ老化の原因となります。
活性酸素を抑えることはアンチエイジングにつながるのです。
コエンザイムQ10は細胞の中に存在する成分なので、細胞レベルから若返りの効果を期待することができます。